Loading

外国の中古車のいいところはどこ?日本車よりもいいの?


外国の中古車は日本の新車以上の時もある

日本は世界的にも自動車産業が盛んな国です。国内にも多くの工場を持っていますが、海外にもたくさん工場があり海外でも多く利用されています。日本の自動車が優秀だからこそ海外でも利用されるのでしょう。ではすべての技術において日本のメーカーが優れているかですが、日本のメーカー以上のメーカーがあると言えるでしょう。通常中古車といえば新車に比べると性能が落ちるイメージがあります。日本車の同じメーカーの同じ車種同士であればあり得ますが、日本車と外車だとそうも言えないときがあります。外国の中古車の方が日本の新車よりも性能も良く、価格も安い時があります。日本で最新の技術が海外では数年前に搭載されているなどがあり、お得な買い物ができる時もあります。

外国の中古車は相場が下がりにくい

自動車を購入するとき、壊れるまで乗り続けようと考える人もいれば、一定期間乗ってその後に売却しようと考える人もいます。壊れるまで乗る人なら、購入後は特にその車の価値を気にする必要はありません。でも将来売却を検討しているなら、できるだけ売却価格が高い方がいいでしょう。この時に日本の新車を買ったときと外国の中古車を買ったときを比較する必要があります。そしてそれぞれ数年後に価値がどうなっているかです。必ずそうなるわけではないですが、外国の中古車の方が価値が下がりにくい傾向にあるようです。それは人気と市場に出回っている量に関係しています。日本車は日本で販売されているのでそれなりに量があります。しかし外車はあまり量がありません。人気にもよりますがあまり価値が落ちないのでしょう。

スウェーデンメーカーのボルボは、安全性が高く、上質なデザインで日本でも人気の高い車種です。ボルボの中古車は生産終了モデルも多く、100万円前後で販売されているものもあり、とてもお買い得です。